鹿児島市の賃貸仲介・不動産管理|有限会社南宝社 > 南宝社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産を共同名義で購入するメリットデメリット

不動産を共同名義で購入するメリットデメリット

≪ 前へ|ご成約ありがとうございました☆   記事一覧   賃貸物件のエアコンにかかる電気代や取付可否について解説!|次へ ≫

不動産を共同名義で購入するメリットデメリット

不動産を共同名義で購入するメリットデメリット

土地や建物を入手する際には、個人名義で契約を交わすケースが一般的です。
ただ、近年においては、複数名義で土地や建物を手に入れ、所有するケースが増えているのをご存じでしょうか。
本記事では、不動産を共同名義で購入する魅力やデメリット、具体的な方法などについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を共同名義で購入する方法

そもそも、不動産を共同名義で購入するとは、いったいどういうことなのでしょうか。
これは、読んで字のごとく、土地や建物などの物件を、複数の名義で入手し、出資額の割合で所有することを指します。
手続きの方法は、まったく難しくありません。
特別なことをする必要はなく、出資額の割合に応じた持分で、登記をするだけです。
登記に関しても、専門家である司法書士に依頼すれば、オーナーは煩雑な手続きをする必要はありません。

不動産を共同名義で購入するメリット

不動産を共同名義で購入するメリットとしては、融資してもらえる金額を増やせることが挙げられます。
個人名義の場合、住宅ローンに申し込んだ本人の資産や収入などが審査対象となりますが、共同で所有するのなら、2人もしくはそれ以上の複数が審査対象となるのです。
そのため、1人では1,000万円までしか借りられなくても、2人名義であれば、1,500万円借りられる可能性があります。
高すぎると諦めていた物件も、共同の名義なら手に入れられるかもしれないのです。
また、住宅ローン控除や、売却時の特別控除などを二重に受けられるのも、魅力的なポイントといえるでしょう。

不動産を共同名義で購入するデメリット

デメリットとしては、簡単に売却できないことが挙げられます。
個人名義で所有する物件であれば、自身の意思で好きなときに売却できます。
しかし、共同の名義で所有する物件は、それぞれの出資者に所有権が帰属するため、1人が勝手に売却するといったことができません。
共有者全員に同意を得て、署名や捺印も必要です。
また、住宅の売買や金融機関から融資を受けるときには、さまざまな諸費用が発生しますが、この費用が余分に発生してしまうおそれもあります。
登記や事務手数料などが、名義人の数だけかかる場合があり、多額の諸費用を支払わなければならないことがあるのです。

まとめ

共同名義で不動産を購入する魅力や注意点などについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。
いくつもの魅力があるのはたしかですが、覚えておくべき注意点があることも理解しておきましょう。
過去には、共同の名義で物件を所有し、トラブルに発展したような事例も多々あります。
今後、共同で物件を所有しようと考えているのなら、そのような事例にも目を通すことをおすすめします。
私たち不動産の南宝社は、鹿児島市を中心に賃貸仲介・不動産管理をおこなっております。
お客様のさまざまなご希望に対し真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|ご成約ありがとうございました☆   記事一覧   賃貸物件のエアコンにかかる電気代や取付可否について解説!|次へ ≫

 おすすめ物件


緑豊かな土地

緑豊かな土地の画像

価格
1,065万円
種別
売地
住所
鹿児島県南九州市川辺町清水3537
交通
慈眼寺駅
徒歩222分

メゾン・ボヌール

メゾン・ボヌールの画像

賃料
4.3万円
種別
アパート
住所
鹿児島県鹿児島市中山2丁目
交通
谷山駅
徒歩45分

メゾン・ボヌール

メゾン・ボヌールの画像

賃料
4.3万円
種別
アパート
住所
鹿児島県鹿児島市中山2丁目
交通
谷山駅
徒歩45分

第2ヒンデンハイツ

第2ヒンデンハイツの画像

賃料
3.5万円
種別
マンション
住所
鹿児島県鹿児島市桜ヶ丘8丁目20-19
交通
宇宿駅
徒歩12分

トップへ戻る