鹿児島市の賃貸仲介・不動産管理|有限会社南宝社 > 南宝社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入時に知っておきたい住宅ローンの種類や金利のポイント

不動産購入時に知っておきたい住宅ローンの種類や金利のポイント

≪ 前へ|賃貸物件でおすすめの間取りとは?家族構成によって異なる間取りの目安   記事一覧   不動産が売れない原因とは?その改善案と売却のポイント|次へ ≫

不動産購入時に知っておきたい住宅ローンの種類や金利のポイント

不動産を購入する際、住宅ローンは慎重に検討しなければなりません。
住宅ローンにはいくつか種類があり、内容や金利もそれぞれ異なるからです。
そこで今回は、不動産購入時に利用できる住宅ローンの種類についてご紹介するとともに、ローンを選択する際に気を付けたいポイントや、金利の内容についてもご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入時に利用できるローンの種類は3つ

不動産を購入する際に利用できる住宅ローンは、大きく分けて3種類あります。
有名なのは主に民間銀行によって提供される「民間融資」と呼ばれる種類のローンで、生命保険会社やローン専門会社などが取り扱っている場合も。
民間融資では企業それぞれが独自のサービスを展開しており、商品の種類が豊富なのが特徴です。
一方、「公的融資」と呼ばれるものは自治体などの公的機関から融資を受けるローンです。
勤務先の会社で財形融資の貯蓄を1年以上おこなっている方が対象で、自治体が直接融資をおこなう場合もあれば、指定された金融機関で組んだローンの利子を一定期間補ってくれるタイプのものもあります。
ただし、公的融資を扱っていない自治体もあるので注意しましょう。
民間融資と公的融資の中間にあたるのが、「フラット35」の名前で知られている「協調融資」です。
長期固定金利なのが特徴で、住宅金融支援機構と民間金融機関の連携によって運営されています。

不動産購入に向けてローンを選ぶ際のポイント

前項でお伝えしたとおり、住宅ローンには種類の異なる、さまざまな商品が存在しています。
住宅ローンを選ぶ際のポイントとしては、何よりもまずそれらの種類をしっかりと把握し、自分にとってもっともメリットのあるローンを選ぶことです。
金利だけでなく、借入期間や返済方法、それぞれに付随するサービスなどもしっかりと検討しましょう。

不動産購入時のローンは金利の内容にも注目

金利には3つの種類がありますが、フラット35に代表される「全期間固定型」では借入れ時の金利が最後まで変わりません。
完済までの総返済額を最初に知ることができるため、資金計画を建てやすいのが特徴です。
一方、「変動型」は借入時の金利が低いことが特徴ですが、半年ごとに金利が見直されるため、将来的には金利上昇のリスクがあります。
固定金利の期間を選べる「固定期間選択型」は、多くの場合で全期間固定型よりも低金利となっていますが、固定期間終了後に金利相場の影響を受けることもあります。

まとめ

住宅ローンには、種類ごとにメリットやデメリットがあります。
長期にわたり返済を続けることになるので、慎重に検討しなければなりません。
ライフスタイルの変化なども視野に入れつつ、自身にぴったりなローンを選んでくださいね。
私たち不動産の南宝社は、鹿児島市を中心に賃貸仲介・不動産管理をおこなっております。
お客様のさまざまなご希望に対し真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件でおすすめの間取りとは?家族構成によって異なる間取りの目安   記事一覧   不動産が売れない原因とは?その改善案と売却のポイント|次へ ≫

 おすすめ物件


エトワール桜

エトワール桜の画像

賃料
4万円
種別
アパート
住所
鹿児島県鹿児島市桜ヶ丘8丁目
交通
宇宿駅
徒歩17分

萩原ハイツⅡ

萩原ハイツⅡの画像

賃料
5万円
種別
アパート
住所
鹿児島県鹿児島市宇宿9丁目19-10
交通
宇宿駅
徒歩27分

緑豊かな土地

緑豊かな土地の画像

価格
1,065万円
種別
売地
住所
鹿児島県南九州市川辺町清水3537
交通
慈眼寺駅
徒歩222分

第一メゾン紫原

第一メゾン紫原の画像

賃料
4.3万円
種別
マンション
住所
鹿児島県鹿児島市紫原4丁目
交通
南鹿児島駅
徒歩23分

トップへ戻る